楽しいと思えるか

数年ぶりの組手の試合、それもドリームフェスティバルという全国大会が復帰戦となる林さん。

小柄、細身の身体ながら1本芯がしっかり通り、現在、充実しています。

週4回のハードな内容の稽古で身体をいじめ抜いている状態で肉体的に精神的にも辛いのかと思いきや、「今空手が楽しい」との言葉が飛び出してきました。

やはり一緒の志を持つ仲間の存在がそうさせているそう。

身体が疲労していても『稽古が始まるとスイッチが入る』そうで、芯がある人は違います。

女性でここまで追い込める人は、現在兵庫中央支部の鬼嫁(?)こと山田のぞみ(旧姓兼光)しか知りません。

高校生だった彼女は、よく『鬼稽古がしたいです!お願いします!』と、太子橋道場や高槻道場で2人で稽古しました。

泣きながらも果敢に向かってくる表情を今でも思い出します。

 

道場という1つの空間を楽しいと言ってもらえるのは有難いことです。

まだ大会は終わっていませんが、もうこの時点で勝敗を超えた勝利を手にしている気がします。

大会当日はもちろん、終了後もずっと楽しい時間が持続するようにと願っています。

復帰戦はあと2週間余りに迫りました。

あともう少し、いやずっと楽しい時間を、仲間と共に過ごしていきましょう!!

城東区・都島区・鶴見区で空手をするなら

新極真会カラテ大阪北支部 野上道場

| 日常 | 23:54 | - | - | pookmark |
近畿梅雨明け

今日も暑い中、沢山集まって下さいました。

疲労が溜まってきていますので、これから徐々に抜きながらやっていきましょう。

来週もよろしくお願いします!/森井

 ジュニアクラス

キッズクラスは慣れない移動稽古に悪戦苦闘中。

でも、頑張ってついてきてくれています。

ジュニアクラスは75分間の稽古になり、基本、移動、型から5本蹴り、組手とゆっくり出来る様になりました。

組手の前には10分間の大繩大会も取り入れて、緊張感も緩和するようにしています。

一般クラスは審査稽古を行いました。

時間もないので確実に習得してもらいたいと思います。

オヤジクラスは暑さの中、基本、型、組手、移動稽古、また合間にスクワットを取り入れました。

最後は放心状態でしたが、今の暑さを乗り切れば楽になります。

都島道場選手稽古も、今週が追込み稽古の最終週となりました。

少し寂しい気もしますが、もうひと踏ん張りして下さい。

出来ればドリームフェスティバル後も今のような盛り上がりを続けて欲しいです。

今日も都島に城東、暑く熱く稽古した1日になりました。

明日もよろしくお願いいたします。

 

城東区・都島区・鶴見区で空手をするなら

新極真会カラテ大阪北支部 野上道場

| 日常 | 23:41 | - | - | pookmark |
居残り稽古開始!!

今日からドリームフェスティバル前まで、22時居残り稽古の開始です。

4人に頑張ってもらいました。

6年生トリオには手数で胡麻化さず"効かす"をテーマに、突きのサンドバッグ打ち込み20分間やダンベルプレス、手押し車、他、をこなしました。

一般クラスでの"効かす"を意識した組手稽古は約40分間。

まだ体の出来上がっていない6年生にはキツイ稽古となりましたが、よく耐えていました。

中学生になって体が大きくなった佑昌、蒼昌との組手も、6年生には相当堪えたようです。

選手である以上、また全国大会を目指す以上、例え相手が小中学生とはいえ過度に彼らの心の内を考慮して稽古するわけにもいかず、辛そうな彼らの表情を見るのは正直胸が痛いところです。

しかし今はある程度割り切っていて、「付いてこられないなら仕方なし」の感覚で臨みます。

自分が選手としては遅咲きだったように、空手本来の試合が実践出来る選手を時間をかけて育てていければ、と思っています。

昨日同様、温かい寛大な気持ちで見守って頂くようよろしくお願い致します。

6年生トリオのここまで憔悴しきった表情は初めて見るかも知れません。

あと2週間、あれこれ考えず、出来ることを全力で!!

 

城東区・都島区・鶴見区で空手をするなら

新極真会カラテ大阪北支部 野上道場

 

| 日常 | 23:57 | - | - | pookmark |
今、勝ちたい!でなくていい

また見たいと思う選手、本来の空手をする選手となかなか出会うことはありません。

昨日の大阪府大会一般上級で優勝の松本選手は魚本流空手、JFKO全日本ウエイト制軽量級大会連続入賞の実績ある選手。

体重は60舛修海修海覆ら、重厚感ある構え、落ち着き、間合い、一発一発の技の破壊力、突いて良し、蹴りの振り分け、どれをとっても見応えある選手でした。

隼平も善戦はしましたが、松本選手の前に屈しました。

試合の終盤に手数で勝負したり、胴回し回転蹴りで試合を再三stopさせる選手が多い中、組手スタイルは是非参考にしたいと思いました。

 

そんなに長くない選手生活、勝ち負けにこだわり過ぎて競技としての組手を実践するより、時間はかかっても重厚な組手を作り上げていく方が最後は自分自身に達成感が得られると思われます。

また、現在少年部で思うような結果を出せていない選手も、再三繰り返しになる“小学生時代3勝20敗ぐらいの隼平”(隼平、何度もごめん!)をイメージして、稽古や大会に参加して欲しいと思います。

子供が負ける、なかなか結果が出ない…は、正直イライラ感もあるとは思います。

隼平の父である難波君は、当時小学生だった隼平の試合結果はどうあれ常に変わらず落ち着いていたと記憶しています。

隼平自身もそうであるように。

小学生時代の実績がないからこそ、今伸び伸びと、プライドが邪魔することなく稽古も試合もこなせているのかも知れません。

そういう長いスパンを視野を入れて稽古する選手が増えれば、道場全体も活気づきます。

少年部選手保護者の皆さま、どうか少し長い視点でサポートして頂くよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

昨日の一般上級決勝戦。

空手らしい、緊張感のある決勝戦になりました。

効かす、回り込まない、変な策を立てない。

本物の空手を実践できる選手同士の対戦は、子供も大人も、見るものを引き付けます。

 

 

城東区・都島区・鶴見区で空手をするなら

新極真会カラテ大阪北支部 野上道場

 

| 日常 | 23:42 | - | - | pookmark |
大阪府大会

楽して勝てる稽古があればやればいいのでしょうが、やりたくありません。

テクニックの稽古に傾倒しがちな選手は、往々にして体力がないケースが多く、いわゆる「根性稽古」には否定的で、体力を使わずして勝てる方法が1番と考えて実践します。

多様な意見はあるでしょうが、まず体力が伴っての技術稽古、延長戦まで動ける力が付いた上でのテクニックであれば問題なし、と考えます。

そして何より、みんなで一緒に行う稽古はガンガンやる方が楽しい場合が多いものです。

 

体力ある大和(小学4年の部 3位)、体力が付いてきた隼平(一般上級の部 準優勝)、入賞おめでとう!!

体にパワーがあれば、足りない部分の修正がやり易いので、もっと勝利に近づくと思います。

審判時の試合にあたった選手には、厳しい判定も行いました。

自分の道場選手に厳しく判定を下さないと、選手が下降線を辿ることを昔から知っていますから。

 

今日入賞を逃した皆さんには、楽して勝つことなく、紆余曲折、試行錯誤を繰り返して、本当の勝利を掴むことを願っています。

稽古も試合も、それ以外のことも、全てにおいて積極的な姿勢は、例えすぐにではなくても、必ず良い結果へと導いてくれます。

日々一緒に稽古している皆さんには、本当に強くなって欲しい、結果を出させてあげたいという思いが常にあります。

厳しいようですが、ドリームフェスティバルという大きな試合を控えている今だからこそ、敢えて言わせていただきました。

 

本日は応援サポートに懸けてけていただいた皆さま、ご家族の皆さま、ありがとうございました!

次週は宮崎道場大阪東部空手道選手権大会(12名出場)になります。

 

 

ファミリークラス

今日のファミリークラスは審査に向けて基本稽古、移動稽古の見直しで集中してやってもらいました!

次回の審査では大きい声で気合いを入れて頑張って下さい。

今日もありがとうございました!押忍/政岡

 

城東区・都島区・鶴見区で空手をするなら

新極真会カラテ大阪北支部 野上道場

| 日常 | 23:23 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH